バレたら一発利用停止!?キャッシュラインで現金化するリスクとは?

借金を一本化するためにクレジットカード現金化を検討している、そこのあなた。かえって自分の首を絞めてしまうことにもなりかねません。

現金化を利用するなら、当然そのリスクを知っておかなければならないのです。特にキャッシュラインのような業者は要注意ですね。

「現金化のリスクを知りたい」
「カード会社にバレる危険性について把握しておきたい」

そんな方々に向け、当記事ではクレジットカード現金化のリスクについてお話しいたします。

カード利用停止&一括請求?現金化のリスクとは?

現金化のリスク
クレジットカードのショッピング枠は、あくまで買い物に使うためのものです。それを現金化目的に使用するのは、違法ではありませんが、各カード会社の定めたルールには違反します。

もしこれがカード会社にバレてしまった場合、一発でカード利用停止処分となります。

それだけではありません。カードを停止されると、それまでに使ったショッピングの代金を一括請求されます。そのカードで30万円の買い物をしていた場合、30万円を一括で支払うことを求められるのです。

もしそれが払えなければ、滞納扱いとなってブラックリスト入りします。その事故情報が消えるまで、新たにカードを作ったりお金を借りたりすることはできないと思ってください。

現金化がバレる確率は

現金化がバレる確率は、その人のカード利用頻度や、購入代金、購入品の内容によって上下します。

普段から高価なバッグや家電などを頻繁にカードで購入している人は、現金化に使っても怪しまれる可能性は低いといえます。

しかしそれまでほとんどカードを使ったことのない人、少額の買い物しかしていなかった人が、いきなり10万、20万といった大きな買い物をしだすと、間違いなく疑われますね。

また、カードで何を購入したのか、これも重要な問題です。

たとえばアマゾンギフト券。これはアマゾンの買い物に使えるギフト券ですが、発行することで何か割引がなされるといったことはありません。

つまり発行する本人にとってメリットは少ないのです。多くの場合、誰かにプレゼントをするといった目的で発行されます。

そのアマゾンギフト券を、10万円分、20万円分と購入していたら、どうでしょうか。それいったい何に使うの、という話ですよね。

したがって、アマゾンギフト券などの金券類を現金化するのは、カード会社に現金化がバレる危険性が高い行為だといえます。

キャッシュラインはアマギフ売買

キャッシュラインは、アマゾンギフト券の売買によってカード現金化を行う業者です。

あなたはギフト券を購入し、それを再びキャッシュラインに買い取ってもらいます。先ほど申し上げましたように、ギフト券の売買というのは、カード会社に怪しまれる可能性の高い行為です。

したがって、キャッシュラインで現金化をするのは、他のブランド品などを扱う現金化業者よりも、カード会社にバレる可能性が高いと言えるでしょう。

これはキャッシュラインだけでなく、アマゾンギフト券売買を行うすべての業者に言えることです。

実際バレるのか

それでは実際、キャッシュラインを利用してカード会社にバレてしまったという人はいるのでしょうか。

口コミ等を調べてみましたが、そのようにコメントしている人は見当たりませんでした。つまり、クレジットカード現金化はそもそもバレる危険性の低い行為であるが、ブランド品などを売買するよりも、ギフト券を売買するほうが少し危ない、ということですね。ですからそこまで神経質にならなくても大丈夫だと思います。

しかし、だからといってカード会社に現金化のバレる可能性がゼロになるわけではありません。

ギフト券売買の業者に現金化を依頼する際には、あまり大きな額は申請しないほうがよいでしょう。せいぜい数万円、カード会社から確認の電話があったときのために言い訳も考えておいてください。

また、何度も何度も、頻繁にギフト券を購入していればそれも当然疑われるきっかけとなります。金額や購入頻度には十分注意を払いましょう。

現金化のリスクまとめ

以上、クレジットカード現金化がカード会社にバレるリスク、危険性についてお話しいたしました。

今のところ、キャッシュラインを利用して現金化がバレたという人はいないようです。少なくともそういった口コミは見当たりません。

クレジットカード現金化はもともとバレる可能性の低い行為なのです。しかし可能税がゼロというわけではありませんので、業者を利用する頻度、金額には十分注意を払い、いざというときのために、それを何のために購入したのか説明できるようにしておきましょう。