育毛、抜け毛予防のためにするべき3つの習慣

育毛の習慣
育毛、抜け毛予防には欠かせない習慣が3つあります。

・髪に必要な栄養素を積極的に摂る
・血液循環の改善
・身体にストレスを溜めこまない

この3つです。では、上から順に詳しく説明していきたいと思います。

髪に必要な栄養素を積極的に摂る

髪の主成分は主にたんぱく質なので、たんぱく質の積極的な摂取が非常に大事です。牛肉や豚肉、鶏肉などの動物性たんぱく質や、大豆などの植物性たんぱく質の摂取が求められます。

特に大豆には、イソフラボンという栄養素が含まれ、これは女性ホルモンと同じ働きをし、脱毛を進行させる男性ホルモンの分泌を防ぐという働きを持っているので、育毛にも非常に効果的な栄養素です。

たんぱく質以外にも、ミネラルや、ビタミンA群、ビタミンB群の摂取も欠かせません。

魚や貝、また海藻といった海産物にはビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、これらも一緒に食事で摂るようにしましょう。

血液循環の改善

血管は栄養を全身に供給するいわば道路のようなもの。上記で説明した栄養素を積極的に摂取したとしても、血行が良くなければせっかくの栄養素が髪に供給されなくなります。なので、頭皮の血行の改善が重要になってくるのです。

一番手軽な方法が頭皮のマッサージです。指を使って頭皮を優しくもみほぐすように、マッサージしていきます。

大切なことは、頭皮を傷つけないように、優しくマッサージすること。間違っても指やブラシで頭皮を強く擦ったりはしないでください。頭皮を傷つけて薄毛を進行させてしまう危険性があります。

また、育毛剤の使用も効果的です。育毛剤にはミノキシジルという成分が含まれており、これは血管の収縮機能を促進させて、髪の発毛を促すという成分です。

育毛剤を頭皮に塗し、マッサージをしながら刷り込ませることで、育毛効果がさらにアップします。

身体にストレスを溜めこまない

髪や頭皮は非常にデリケートで、身体的、精神的なストレスが脱毛を促進させることがあります。育毛のためには、なるべく身体にストレスを貯め込まないことが重要となります。そのためにはまず、生活習慣を見直してみることが大切です。

炭水化物、脂質を多く含んだ偏った食事は避ける、定期的に運動をする、お酒は少量に抑えておく、夜更かしをしないなど、生活リズムを整えることで、次第に身体的、精神的ストレスは減少していきます。

以上3つのポイントを書き上げましたが、やはりまずは自身の生活習慣を1から見直してみる、ということが大切だと思います。

かくいう私もこれらの習慣を取り入れて、抜け毛が減り、広くなったおでこに発毛が見られるようになりました。