日常生活の中で脇に黒ずみが出来ないように予防する3つの方法

脇に黒ずみが出来てしまうのは、メラニンが生成されて色素沈着が起こる事が原因になっています。

メラニンが生成される時は皮膚に刺激が起こった時なので、日常生活の中で皮膚に刺激を与えないようにしていく事が大切になってきます。

日常生活の中で脇の皮膚に刺激を与えてしまう時はムダ毛を自己処理する時、脇と衣類が接触する事により摩擦が起こる、脇の皮膚が乾燥するなどが挙げられるのでこれらを改善していく必要が出てきます。

そこで日常生活の中で脇に黒ずみが出来ないように予防していく方法をいくつか挙げていく事にしましょう。
脇の黒ずみ対策

脇の毛を自己処理する時は家庭用脱毛器を使用する

脇の毛を処理する方法は脱毛サロンで脱毛の施術を受ける方法と自宅で自己処理をする方法があります。

脱毛サロンは費用がかかるので主に自己処理をする人が多いですが、方法によっては皮膚に刺激を与えてしまう事があります。

自己処理をする時はカミソリ、電気シェーバー、毛抜きなどを使用する事が多いですが、カミソリや電気シェーバーは剃る時に刺激を与えてしまいますし毛抜きは抜く時に刺激を与えてしまいます。

また脱毛クリームを使用しても肌に合わなくて刺激を与えてしまう事があります。脇の毛を自己処理する時に皮膚に刺激を与えないようにするには弱い光を照射していく家庭用脱毛器を使用すると効果的で脇の黒ずみが出来ないように予防していく事が出来ます。

自分の体のサイズより少し大きめの衣類を着用する

日常生活の中で衣類を着用している時間帯が長いですが、最近ではピッチリとして服装がファッションとなっているので少し体を動かしただけで脇と衣類が接触して摩擦を起こしてしまいます。

それにより脇の皮膚に刺激を与えてしまうので黒ずみが出来てしまう事もよくあります。脇の黒ずみを予防していくには体を動かした時に脇と衣類が接触する回数を出来るだけ少なくする事が大切になってくるので自分の体のサイズより少し大きめの衣類を着用すると効果的です。

しかしあまり大き過ぎる衣類を着用してしまうと変な格好に見られてしまうので注意しましょう。

毎日保湿ケアを欠かさずに行う

脇の黒ずみが出来る原因の一つに皮膚が乾燥してしまう事が挙げられます。皮膚が乾燥してしまうと痒くなってかく事で刺激を与えてしまいます。

脇の皮膚の乾燥を改善していくにはクリームなどを塗って毎日保湿ケアを欠かさずに行う事が大切になってきます。

脇の皮膚が保湿されると痒みが出る事もなくなるので刺激を与えなくなり黒ずみが出来るのを予防していく事が出来ます。

【公式】ワキの黒ずみケア方法